初心者向けラブドール購入方法:失敗しない選び方とおすすめ通販サイト、オプション内容を徹底解説

ラブドール購入方法

記事内にプロモーションを含みます(景表法による表示)


近年、ラブドールの需要が急速に拡大しており、リアルな外観を追求した等身大ラブドールから、アニメキャラをモデルにしたアニメドールまで、様々なタイプのラブドールが販売されています。

魅力的な外見を持つラブドールを目にして、「自分もラブドールをお迎えしたい!」と購入を検討している方も多いのではないでしょうか?

しかし、初めての購入には多くの疑問や不安がつきものです。

「どのような価格帯が適正なのか?」「信頼できる通販サイトはどこか?」「購入手続きはどのように進めるのか?」といった悩みを抱える方も多いでしょう。

そこで本記事では、初心者向けにラブドールの購入方法を徹底解説します。

ラブドールの基礎知識を身につけて、購入時の失敗リスクを減らしましょう。

この記事でわかること

  • 失敗しないラブドールの選び方
  • 安全なラブドール通販サイトの見分け方
  • ラブドール購入~お迎えまでの手順
  • ラブドールのオプション内容について
  • 購入後のメンテナンス方法について

この記事を参考に、理想のラブドールを見つけてください!

購入前に知っておきたいこと

ラブドールの基礎知識

水着美女 Miya01

「ラブドール」とは、本物の女性を模して作られた人形のことです。

髪型や髪の色、目の色、肌の色、体型、バストサイズなど、好みに合わせて外見を自由にカスタマイズできるのが特徴。

好みの見た目にカスタマイズすることで、自分だけの特別なパートナーを見つけることができます。

ラブドールの用途

  • 疑似セックス、疑似恋愛を楽しむ
  • 写真撮影
  • コレクションアイテム、ディスプレイ
  • 衣装の着せ替え
  • セックスの練習相手

ラブドールはただ性欲処理用の道具として使われるだけでなく、写真撮影やコスチュームの着せ替え、コレクションアイテムとしても利用されます。

また、女性との関わりに不安を感じ、孤独に悩む人々にとって、ラブドールは安心と心の癒しを提供するパートナーとしての役割も果たします。

ラブドールを所有するメリット・デメリット

ラブドールのメリット
メリット
  • 疑似セックス体験が楽しめる
  • 好みの見た目の相手とセックスできる
  • 風俗に通うよりコストパフォーマンスが高い
  • 好きな時にセックスできる
  • ストレスや孤独感を解消できる
  • 本当のセックスより気持ちいい腰振りオナニーが楽しめる
  • 好みの衣装を着せてコスチュームプレイが楽しめる
  • 動画撮影、写真撮影が楽しめる
  • マニアックなプレイが楽しめる
  • 現実ではアウトな年齢の少女とエッチできる(ロリ、JK)
  • 妊娠・性感染症を回避できる
  • セックスの練習ができる
デメリット
  • 初期費用が高い
  • 保管スペースが必要
  • 定期的なメンテナンスが必要
  • 多くの偏見が存在する

一般的に、ラブドールの所有や購入には多くの偏見が存在します。

「変な人だと思われるかもしれない」「他の人にバレたくない」など、ラブドールの所有や購入に対して心理的な障壁を感じている人も多いはずです。

しかし、ラブドールには様々なメリットがあり、男性の性的欲求を満たす上で非常に合理的な選択肢と言えます。

長期的な視点で見れば、風俗やキャバクラに通うよりもラブドールの方が安上がりで、圧倒的にコストパフォーマンスが高いです!

まだ一般の普及率が低いラブドールですが、今後、メーカーの技術発展によって、より安価で質の高いラブドール製品が登場することでしょう。そうなれば、オナホールや他のアダルトグッズと同様に、ラブドールの利用者も増えていくと予想されます。

関連記事

ラブドールの種類

蛍火日記

ラブドールには、リアルの成人女性と同じサイズ感の「等身大ラブドール」から、身長100cm以下の「ミニドール」まで、様々な種類があります。

ドールの外見は「女子高生」から「熟女」まで幅広く揃っており、多様なニーズに対応。さらに、肌の色や人種も自由に選ぶことができます。

最近では耳が長いエルフや角が生えた悪魔娘など、「ファンタジー系のラブドール」が増えています。

ラブドールの種類

  • 実在する人物をモデルにしたリアルドール
  • 美少女系ラブドール
  • 熟女系ラブドール
  • 低身長・ロリ系ラブドール
  • アニメドール
  • ネコ耳・獣人系ドール
  • エルフ、魔族、人魚、ファンタジー系ドール
  • 妊婦ドール
  • トルソー型・下半身型ドール
  • 男性型ラブドール

このように、様々なジャンルのラブドールが販売されているため、あなたの好みに刺さるドールが必ず見つかるはずです。

ラブドール購入方法:購入手続き~お出迎えまでの手順

ラブドール購入の流れは以下のとおり。

信頼できるラブドール通販サイト・販売代理店を探す

ネット上には多くの通販サイト・販売代理店が存在し、信頼できるサイトを見つけることは容易ではありません。

トラブルを回避するためにも、特定商取引法に基づく表記、正規代理店証明書の掲載がある安全なサイトを利用しましょう。

購入するラブドールを選ぶ

まず、自分の好みに合ったラブドールを選びます。

商品ページには、ドールの商品仕様やサイズ、製造メーカーの情報、商品画像が掲載されています。購入者のレビュー・口コミも見られるので、それらも併せてチェックしましょう。

カスタマイズオプションを選択

選んだドールに対して、追加のカスタマイズオプションを選びます。

髪型や髪の色、目の色、肌の色、ボディ材質、スタイルなどをカスタマイズできます。

購入手続き~注文確定

オプションの選択を完了したら、カートに入れて購入手続きに進みます。

配送先住所、支払い方法を入力し、注文を確定します。

支払い方法には、クレジットカードと銀行振込が利用できます。

ドールの製造開始

注文が確定すると、メーカーはドールの製作を開始します。

製品完成から受け取りまでに、TPE製ドールは約2~3週間ほど、シリコン製ドールは約1~2ヶ月ほどかかります。

完成写真の確認&メイク修正依頼

ラブドールが工場で出来上がり次第、実物の完成写真、または動画が、登録したメールアドレス宛に送付されます。

完成したドールを確認し、製品に問題がないか確かめます。

また、この確認の際に「メイク修正」を無料で依頼することができます。

工場出荷~配送

本人確認が完了したら工場から出荷され、指定した住所にラブドールが届きます。

発送時には追跡番号が提供されます。配送日を確認し、確実に受け取れるようにしましょう。

営業所止めサービスや時間帯指定サービスに対応しているところが多いです。

製品受け取り

受け取り時には、梱包がしっかりしているか確認します。

次にドールを開封し、注文した内容と一致しているかを確認します。ドールの状態やカスタマイズ内容に問題がないかチェックしましょう。

万が一問題がある場合は、配送業者または通販サイトに連絡します。

洗浄&メンテナンス

ドールを清潔に保つために、お出迎えしたらまず最初に洗浄を行います。

専用のクリーナーやケア用品を使って、ドールを綺麗にしましょう。

ラブドール通販サイト・販売代理店の選び方

Dachiwif 公式サイト

ラブドールを購入する際、安全で信頼できる「通販サイト」「販売代理店」を選ぶことが何よりも重要です。

お金だけ騙し取られた」「画像とは全く別物の商品が届いた」といったトラブルに巻き込まれないためにも、サイト選びは慎重に行いましょう。

おすすめのラブドール通販サイト一覧

安全かつ信頼できる「正規のラブドール通販サイト・販売代理店」を以下の表にまとめました。

とりあえずこれだけ知ってればOKです。

ラブドール通販サイト・販売代理店

サイト名おすすめ度信頼性商品数サポート価格リンク

DACHIWIFE
公式サイトへ

OLdoll
公式サイトへ

オリエント工業
公式サイトへ

KUMADOLL
公式サイトへ

YourDoll
公式サイトへ

楽園ドール
公式サイトへ

Kanadoll
公式サイトへ
Mailovedoll
Mailovedoll
公式サイトへ

JP.SEXYSEXDOLL
公式サイトへ

↑右にスクロールできます。

この記事で紹介している通販サイト・販売代理店は、どれも一定の知名度と運営実績があり、「正規代理店証明書」を掲載している安全なサイトです。

海外メーカーのラブドールを買うなら「DACHIWIFE」、日本製のラブドールを買うなら「オリエント工業」がおすすめです!

詐欺業者を見分ける自信のない方は、上の表を参考にしていただければと思います。

アダルトグッズ通販サイト

サイト名おすすめ度信頼性商品数サポート価格リンク

FANZA
公式サイトへ

NLS
公式サイトへ

信長トイズ
公式サイトへ

↑右にスクロールできます。

FANZA通販」や「NLS」など、アダルトグッズをメインに販売している通販サイトでもラブドールを取り扱っている場合があります。

ラブドールの種類は少ないですが、普段利用しているサイトの方が安心できるという方もいると思います。そんな方はまず普段利用しているサイトで検索してみましょう。

ラブドール通販サイト・販売代理店についてより詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

関連記事

信頼できる通販サイトの見分け方

取扱資格証明書

安全なラブドール通販サイトを見分けるポイントは以下の通り。

  • 「特定商取引法(特商法)」の記載があるか確認
  • 「正規代理店証明書」の記載があるか確認
  • 「正規品証明書」の発行が可能か確認
  • 完成品の写真&動画を提供してくれるか確認
  • 返金・返品・交換に対応しているかを確認
  • 保証期間を確認し、十分な保証期間が設定されているかを確認
  • 商品が適正価格か確認
  • URLがHTTPS化されているか確認

特定商取引法(特商法)」とは、消費者を守るために設けられた法律で、インターネット通販を含む特定の取引に関する規制を定めています。

通販サイトは、消費者が取引を理解し、判断するために必要な情報を明確に表示する義務があります。これには販売業者の名称、運営責任者の氏名、サービス内容、商品の価格や送料、支払い方法、返品・交換の条件などが含まれます。

ラブドールを販売する通販サイトも例外ではありません。

通販サイトは「特定商取引法に基づく表記」を表示する義務があります。通販サイトの会社概要ページに記載が無い場合は違法サイトなので注意!

他にも、商品の価格が極端に安い場合や、十分な保証期間が設定されていない場合などは、品質や信頼性に問題がある可能性が高いです。

購入前に複数のサイトで価格を比較し、相場を把握することをお勧めします。

「Amazon」や「Yahoo!オークション」でラブドール購入はNG

誰もが知る有名な通販サイトとして「Amazon」や「Yahoo!オークション」がありますが、これらのサイトでラブドールを購入するのはおすすめしません

理由は以下の6つ。

  • 匿名性が高く、品質の悪い商品や偽物を購入するリスクがある
  • 定価よりも値段が高い
  • ラブドールをカスタマイズできない
  • 購入後の保証やアフターサービスが無い
  • カスタマーサポートが受けられない
  • プライバシーに配慮した梱包や配送方法が取られない可能性がある(中身バレのリスク)

「Amazon」や「Yahoo!オークション」は匿名性が高く、販売されている製品が正規品かどうかを初心者の方が判断するのは難しいと思います。

残念ながら現状、「Amazon(マーケットプレイス)」や「Yahoo!オークション」で売られているラブドールのほとんどが不良品です。

詐欺業者を見分ける自信のない人は、マーケットプレイスからの購入を避け、直接メーカーから購入するか、もしくは信頼できる販売代理店を通して購入しましょう。

失敗しないラブドールの選び方

予算の目安

ラブドールの選び方にはいくつかのポイントがあります。

まず、予算の目安を把握することが重要です。

ラブドールの平均的な値段

  • シリコン製ドール:約20万~30万円
  • TPE製ドール:約10万~15万円

ラブドールの値段は製造元や材質によって大きく異なるため、大雑把な目安になりますが、オプションの追加を考慮して「20万円」を目安に予算を設定しましょう。

高いと感じるかもしれませんが、クオリティの高いラブドールが欲しい場合、だいたい「20万円~30万円」が相場となります。

最安値は10万円から。それより下の価格帯では、身長の低いミニドールしか見つかりません。

ちなみに、日本のラブドールメーカーで有名な「オリエント工業」は、ドール1体で値段が50万~100万円以上します。

ラブドールでは一般的に「安かろう悪かろう」が当てはまります。

適正価格を大幅に下回る製品は不良品やコピー品である可能性が高く、正規品であってもクオリティが低いのが常識です。

身長&体重の目安

ラブドールの「身長」と「体重」は、使い勝手や満足度に大きな影響を与えるため、見逃してはならないポイントです。

明確に分類することはできませんが、ここでは目安となる大まかな値を紹介します。

ラブドールの身長と体重

身長体重
50cm以下 1.5~5kg
60~90cm3~9kg
90~120cm9~15kg
120~140cm15~25kg
140~160cm25~35kg
170cm以上35~40kg以上

30kgを超えたあたりで一気に重たく感じ、35kgを超えると危険ライン40kgを超えると1人で持ち運ぶのが難しくなり、落下や転倒の危険性が高まります。

ラブドールが重いとベッドまで運ぶのが億劫になり、せっかくドールを購入したのにプレイから遠ざかってしまうかもしれません。それではもったいないので、初心者の方はなるべく軽いドールを選びましょう。

重さが30~35kg以下で、身長が自分の背を超えない範囲が理想的です。

とはいっても、「180cm以上の高身長お姉さんが好み」という方もいると思います。その場合は素直に自分の好みに従いましょう。

ラブドールは高額な買い物なので、自分の性癖に従うことが一番後悔が少ないです。妥協せずに、自分の理想に近いドールを選びましょう!

初心者向けラブドールの特徴

top sino オプション

ラブドールを選ぶ際に意識すべきポイントが「8つ」あります。

基本的にこれさえ押さえておけばOK、というものを選択しました。

これらを頭に入れておけば、初めての買い物でも大きな失敗はしないと思います。

  1. 素材はシリコン製ラブドールを選ぶ
  2. 値段は15万円~20万円を目安に(ロリ系ドールの場合はもう少し安め)
  3. プレイ目的の場合、なるべく重量が軽いものを選ぶ
  4. 頭部が交換可能なモデルを選ぶ
  5. ホールは着脱(分離)式を選ぶ
  6. オプションで自立加工を付ける
  7. とにかく見た目重視! 自分の好みに従う
  8. 信頼できるドール通販サイト・販売代理店から購入する

結論として、15万円~20万円台のヘッド交換可能なシリコン製ラブドールがおすすめです。

もちろん、一番重要なのは「自分の好みに従うこと」です。

オプションの内容・選び方

ボディ材質:シリコン製とTPE製

シリコン製TPE製
値段高い(平均20万~30万円)安い(平均10万~20万円)
触り心地柔らかいとても柔らかい
重量普通重い
耐久性劣化しにくい(寿命5~10年)劣化しやすい(寿命1~3年)
ベタつき少ない多い
匂い気にならない少し気になる
メンテナンス簡単面倒
色移りほぼ色移りしない色移りしやすい

ラブドールには「シリコン」と「TPE(熱可塑性エラストマー)」、この2種類の素材が使用されており、それぞれ異なる特徴を持っています。

肌の柔らかさに関しては「TPE製ドール」の方が上。

しかし、「シリコン製ドール」の方が寿命が長く、油が表面に染み出てくる現象「オイルブリード」の発生も少ないです。そのため、長期間の使用においてもドールの美しさを保ち、衛生的な状態を維持することができます。

長期的な視点で見ればシリコン製ドールの方がコスパが良いため、初心者の方には「シリコン製ドール」の購入をおすすめします。

TPE製ドールの特徴

TPE製ドール

TPE製のメリット

  • 値段が安い
  • 肌が柔らかくて感触が良い
  • ドールの種類が豊富

TPE製のデメリット

  • 耐久性が低い、傷に弱い
  • 色移りしやすい
  • 匂いがキツイ
  • 定期的なメンテナンスが必要

「TPE製ドール」は、とにかく値段が安いのがメリット。

  • 平均価格は約10万円~20万円
  • 低身長ドールだと約5万円~10万円

初めての購入で高価な製品に踏み込むのはハードルが高いため、手頃な価格帯で購入できる「TPE製ドール」は、魅力的な選択肢の1つです。

「揉み応え」に関してもTPE製ドールは非常に優秀。

適度な柔らかさを保ちつつ弾力もしっかりと感じられ、指がズブズブと沈み込んでいく心地よい感触が楽しめます。メーカーにもよりますが、触り心地に関してはTPE製の方が良いという人が多いです。

しかし、TPE製ドールには「オイルブリード」の発生が多いというデメリットが存在します。

ラブドールは肌の柔らかさを保つため、素材に多くの「油分」が含まれています。その油が表面に染み出てくる現象のことを「オイルブリード」といいます。

ラブドールはなぜ機械油のような臭いがするのか、それはドールの素材が「油の塊」で出来ているからです!

一般的なオナホールも同じ「TPE素材」が使用されています。オナホールのベタつきと同じように、TPE製ドールは表面に油が出てしまいます。ここが一番の悩みどころ。

この「オイルブリード」は手がベタベタになるだけでなく、ゴミほこりを付着させ、製品の劣化を招きます。

一応、ベビーパウダーを塗ってブリードを抑える方法もありますが、ラブドールはオナホと違ってかなりサイズがあるので、メンテナンスするだけでも一苦労。基本的には、2週間~1ヶ月に1度はラブドールをお風呂に浸からせ、ベビーパウダーを塗るという「メンテナンス」が必要になります。

匂いの方もそれなりに出てしまい、匂いが無くなるまで約1ヶ月~3ヶ月かかります。

素材の性質上「オイルブリード」は防ぎようがありません。TPE製ラブドールを購入した人は、漏れなく全員がこのオイルブリード現象と向き合うことになります。

シリコン製ドールの特徴

シリコン製ドール

シリコン製のメリット

  • 傷に強く、耐久性が高い
  • メンテナンスがあまり必要ない
  • 匂いがしない
  • 見た目がリアル

シリコン製のデメリット

  • 値段が高い
  • 柔軟性に関してはTPE製に劣る

逆に「シリコン製」のラブドールは、「TPE製ドール」のデメリットをほぼ克服しており、耐久性やメンテナンス性が高く、長期間の使用においても衛生的な状態を維持することができます。

見た目も人間の肌に近く、ビジュアル面のクオリティがとても高いです。

Sino Doll

かつては「シリコン製ラブドールは肌が硬く、感触がリアリティに欠ける」というイメージがありました。

しかし、メーカーの技術発展により、最近では柔らかい肌を持つシリコン製ドールが多く販売されています。柔軟性や触感、見た目に関してはメーカー次第で、あまり差はないと考えて良いでしょう。

「シリコン製ドール」のデメリットは、TPE製ドールと比べて約5万円~10万円ほど値段が高い点です。

ヘッドとボディ、両方をシリコン製で揃えると、「20万円~30万円」程度かかります。

かなりのお値段ですが、シリコン製ラブドールは耐久性が高く、劣化しにくいため、長期的な観点で見れば総合的なコストは低く抑えられます。

長い目で見ればシリコン製の方がお得!

また、シリコン製は「オイルブリード」が発生しにくいため、頻繁にベビーパウダーを塗る必要がなく、メンテナンスが非常に楽です。利便性やメンテナンス性を考えると、その価格差は十分に見合うものです。

個人的にはシリコン製のラブドールを強くおすすめします。

ヘッドがシリコン製、ボディがTPE製のように、2つの素材を組み合わせたラブドールも販売されています。「シリコン頭部+TPEボディ」は平均価格10万円~15万円とフルシリコン製と比べて安め。予算に合わせて選びましょう。

ヘッドの種類

ラブドールのヘッドは「頭部一体型(シームレス型)」と「ヘッド取り外し可能タイプ」の2種類があります。

始めてラブドールを購入する方は、「取り外し可能タイプ」をおすすめします。

頭部一体型ヘッド取り外し可能
ヘッドの交換不可
ビジュアルとてもリアル隙間が見える
値段少し高い少し安い
メンテナンス大変簡単
カスタマイズできないパーツが充実

ヘッド一体型の特徴

Sanhui Doll 150cm Bカップ #34ヘッド

メリット

  • 首に隙間がなく、見た目がリアル
  • 関節部分の耐久性が高い

デメリット

  • 頭部の交換不可
  • コストが高い
  • メンテナンスが面倒

頭部一体型」は、首の接合部分に隙間がなく、より自然でリアルな見た目をしているのが特徴です。

首の動作も安定しており、特定のポーズを取らせても首がズレることはありません。関節部分の耐久性も高く、故障しにくいです。

デメリットは、頭部を交換できないため、購入時の外見に固定されることです。また、衣装を着せる際に傷つけないよう注意する必要があるなど、利便性に関してはイマイチ。

それでも、リアルさに関しては「頭部一体型」の方が優れているので、観賞用や撮影用にラブドールを購入する人は「頭部一体型」をおすすめします。

ヘッド取り外し可能タイプの特徴

メリット

  • ラブドールの顔を変えられる
  • 衣装を着せるのが楽
  • メンテナンスが楽
  • 一体型よりコストが低い

デメリット

  • 関節部分に隙間が見える
  • 肌の色の違いが目立つ
  • 首が動きやすい
  • 関節部分は故障の原因になりやすい

ドール専用の関節ボルトでヘッドとボディを繋ぐタイプ。

「ヘッド取り外し可能タイプ」は、ヘッドを取り換えることで、ラブドールの見た目を別の子に変えられるのがメリット。

ヘッド単品の値段は4万円~7万円。

ラブドールをそのまま1体購入するより、遥かに安い値段で購入できます。

また、洗浄する際に頭部を取り外して別々に掃除できるので、メンテナンスが非常に楽です。

色んなタイプの女の子を試してみたい人は、低コストで見た目を変えられる「ヘッド取り外し可能タイプ」をおすすめします。

髪の毛オプション:ウィッグと植毛

ラブドールの髪の毛は、ウィッグ」と「植毛」の2つのオプションが用意されています。

それぞれの特徴について以下の表にまとめました。

ウィッグ植毛
値段安い高い
使用感ズレるズレない
ビジュアルいまいちリアル
耐久性低い高い
メンテナンス簡単面倒
取替不可

ウィッグの特徴

ウィッグのメリット

  • 別のウィッグに交換できる
  • メンテナンスが楽
  • 価格が安い
  • ウィッグの種類が豊富

ウィッグのデメリット

  • プレイ時にズレる
  • リアリティに欠ける
  • 髪型のアレンジに制限がある
  • 色移りに注意する必要がある

「ウィッグ」は、ヘッドに装着させる人工的な髪の毛の装飾品です。

ウィッグを選ぶメリットは、取り外しが可能で、別の髪型ヘアカラーを簡単に試すことができる点です。

大人な女性を演出するロングヘアー、明るく陽気な女の子を演出するショートヘアなど、ウィッグを取り換えるだけでドールのイメージをガラリと変えることができます。

ウィッグの平均価格は2,000円~4,000円程度。

昔はウィッグの品質が低く、「いかにも偽物」と分かる安っぽいものが多かったですが、近年では高品質なウィッグが多数販売されており、種類も豊富に揃っています。

手頃な価格で豊富な選択肢がある「ウィッグ」は、ドールの見た目に飽きてしまい、愛着が続かないタイプの人におすすめです。

植毛の特徴

植毛のメリット

  • ビジュアル面の向上
  • プレイ時に髪がズレない
  • 自然な動きやスタイリングが可能
  • 耐久性が高い

植毛のデメリット

  • 追加費用がかかる
  • メンテナンスに手間がかかる
  • 取り外し不可
  • 植毛できるのは硬質シリコンヘッドのみ

ラブドールの「植毛」とは、ドールの頭部に髪を一本一本手作業で植え付け、リアルな髪の毛を再現する方法のことです。

植毛のメリットは、どの角度から見ても髪型に違和感がなく、プレイの最中に髪がズレない点です。

植毛された髪の毛はしっかりと頭部に取り付けられているため、リアルな人間の髪の毛に近いビジュアルを持ち、自然な印象を与えます。ウィッグのように「髪の生え際」が浮いて目立つこともありません。

ヘアスタイルを変えておしゃれさせたり、アクセサリーを取り付けたり、自由にスタイリングすることができ、カスタマイズ性がとても高いのが特徴です

追加費用がかかりますが、実用性とビジュアル面を考えて、個人的には「植毛」のオプションを付けることをおすすめします。

ボディタイプ

RZRDOLL 各身長の比較
Aotume Doll ボディ一覧01
身長体重
50cm以下 1.5~5kg
60~90cm3~9kg
90~120cm9~15kg
120~140cm15~25kg
140~160cm25~35kg
170cm以上35~40kg以上

ラブドール通販サイトでは、自分の好みに合うボディモデルを選んで購入することができます。

体型、スリーサイズ、乳輪サイズ、乳首の色などをカスタマイズ可能。

ラブドールボディの種類は様々。爆乳モデル巨尻モデル、腹筋が割れた筋肉質型ボディなども発売されています。

ヘッドとボディを繋ぐジョイントの規格が合えば、他メーカーのドールヘッドを取り付けることができます。ヘッドとボディを組み合わせて好みのラブドールを作るのが基本。

ジョイントは一般的には「ドール用M16ジョイント(M16ボルト式)」が採用されています。

肌色オプション

ラブドールを購入する際、オプションでドールの肌色を選択できます。

一般的には「ホワイト」「ナチュラル」「小麦色」「日焼け」の4種類から選択可能。

一部のファンタジー系ドール・人外系ドールでは「黒色」「青色」「赤色」の肌を選択できる場合があります。

オプションで「水着の日焼け跡」を付けることもできます。

褐色肌のドールに、オプションで「水着の日焼け跡」を付ければ、上記の画像のようにとてもセクシーな見た目に!

肌色オプションは購入確定後に別の色へ変更することはできません。ですので、肌色を決める際は慎重に……。

ボディメイク

sino doll ボディメイク

オプションで「ボディメイク」を選択することで、ドールの肌の質感を向上させることができます。

ボディメイクの内容

  • 模擬肌メイク
  • 血管メイク
  • リアル着色メイク

肌の表面に微細な凹凸や血管模様を塗装することで、肌のテクスチャを改善し、人間の肌に近いリアルな質感を再現。肌の色調や光沢感が調整され、より立体的で自然な見た目に仕上がります。

ボディメイクは、塗装後に熱処理して定着させるため、水洗いしても塗装が落ちることはありません。

また、ラブドールに使用される染料は、肌の質感の向上だけでなく、製品の耐久性を高める効果もあります。これにより、ラブドールの肌が長期間にわたって美しさを維持し、リアルな見た目を保ち続けることができます。

近年、一番進化を感じるのが、この「ドールのメイク技術」です。本当にリアルな見た目で、まるで本物の女性と触れ合っているかのような感覚を与えてくれます!

ボディメイクは、等身大ラブドールのクオリティを大きく左右する重要な要素です。

ドールの見た目にこだわりたい人は必須のオプションです!

ホールタイプ

ホール一体型ホール着脱式
ホールの交換不可
ビジュアルリアル微妙
使用感快適ズレやすい
メンテナンス面倒簡単

ラブドールのホール(挿入部)は、「一体型」と「着脱式」の2種類があります。

それぞれにメリット・デメリットがあり、「こっちの方が100%正解」とは言えません。ラブドールの使用目的を考えたうえで、自分に適している方を選択しましょう。

ただ、ラブドールを始めて購入する初心者の方は「ホール着脱式」の方をおすすめします。

ホール一体型の特徴

一体型のメリット

  • 見た目がリアル
  • プレイ中にホールがズレない
  • 快感を得やすい

一体型のデメリット

  • 清掃、メンテナンスが大変
  • ホールの交換不可

「ホール一体型」は、ラブドールの股部分がそのままホールの挿入部になっているタイプです。

一体型のメリットは「ビジュアル面」と「プレイ時の快適さ」です。

激しく動かしても中がズレることがなく、快適にプレイを行うことができます。

しかし、「一体型」はホールの取り外しができないため、「ホール内部の構造を変えることができない」「洗う際、ラブドール本体ごと運ぶ必要がある」というデメリットがあります。

ホール着脱式の特徴

着脱式のメリット

  • 清掃、メンテナンスが楽
  • ホールを自由に交換できる
  • ホールだけ温めることが可能

着脱式のデメリット

  • ビジュアル面でリアルさに欠ける
  • プレイ中にズレることがある

「ホール着脱式」は、ホール部分の取り外しが可能なタイプです。

着脱式のメリットは「メンテナンス性」と「ホールの構造を変えられる」という点です。

重いラブドールを抱き抱えて浴室に運ぶ必要がなく、ホール部分だけ取り外して洗えば良いので、メンテナンスが非常に楽です。

ホール内部を清潔に保つことができるので、長期間ラブドールを保有していても、安心して使用できます。

ドール専用ホール

ラブドールに装着する「専用オナホール」は各アダルトショップで購入可能。

まったりと包み込む感触が楽しめる「ヒダ構造のホール」、高刺激な丸イボが無数に並ぶ「イボ構造のホール」など、様々な種類があり、自分に合ったオナホールを選択できます。

ラブドールを購入したのに「あまり気持ちよくなかった……」という失敗を減らすことができるため、ラブドールを始めて購入する初心者の方は「ホール着脱式」の方をおすすめします。

骨格オプション

ラブドールの内部には「金属骨格」が埋め込まれています。

骨格は、ラブドールを動かす際に安定性を保ち、姿勢を維持するのに役立ちます。この金属骨格に「シリコン」や「TPE」などの素材を肉付けしてラブドールが作られています。

骨格オプションは「EVO骨格」「EXP骨格」の2種類から選択できます。

EVO骨格の特徴

色気美人 ドール可動域
画像引用元:https://yourdoll.jp

EVO骨格」は、等身大ラブドールで一般的に採用されているタイプの金属骨格です。

従来の骨格に比べて関節部分の「可動性」と「耐久性」が向上し、より人間に近い動きを再現できるのが特徴。

「EVO骨格」は、本物の人間の約90%の動きを再現できると言われています。

この骨格のおかげでポーズを取った際の安定性が向上し、姿勢を長時間維持できます。

EXP骨格の特徴

EXP骨格
画像引用元:https://yourdoll.jp

EXP骨格」は、「WAXDOLL」社が最新テクノロジーを用いて開発した新規格の金属骨格です。

首、肩、肘、手首、腰回り、各部位のジョイント構造を再設計し、可動域を拡大。より自然で多様なポーズが取れるようになり、ドールの表現能力が大幅に向上しています。

EXP骨格の特徴

  1. 肩:腕の動きに合わせて肩を引っ込めることが可能に
  2. 首&頭部:球体ジョイントにより、頭を360度自由に動かすことが可能に
  3. 肘: 肘関節が二重関節構造に再設計され、より自然な動きを可能に
  4. 手首:手首関節は球体関節で強化され、より自然な動きを可能に
  5. 腰:腰関節のねじり運動を容易にし、安定性を強化

単純に「EVO骨格」の拡張バージョンと考えて頂ければOK。

撮影目的でラブドールを購入する方は、より多彩な動きができる「EXP骨格」がおすすめです。

ただし、「EVO骨格」でも十分な可動域を確保しており、通常のプレイにおいて特に支障をきたすことはありません。予算に余裕があれば「EXP骨格」を選ぶと良いでしょう。

自立オプション

自立オプション

ラブドールの足裏に「金属ボルト」を骨格の延長として取り付けることでラブドールが自立し、ドールを立たせたり、座らせたりできるようになります。

自立オプションには、足裏に「金属ボルト」を追加する方法と、足首から足裏までを硬める「ハードフィート加工」の2種類があります。

基本的にラブドールは自立できません。

ドールは足裏まで柔らかい素材でできているので、無理に立たせようとすると足裏に圧力が集中し、下手をすると足裏がパックリ裂けてしまいます。また、自立加工なしではポーズや姿勢に大きな制限があり、ポーズの変更や場所の移動に手間がかかります。

「自立オプション」を追加することで、足裏にかかる圧力を分散させることができ、重力による変形を防ぐことができます。

多少見た目を犠牲にしても、「自立オプション」を追加することを強くおすすめします!

足裏はなかなか見えない箇所ですし、ストッキングや靴を履かせれば目立たなくなります。

胸オプション(ゼリー胸加工)

オプションで「ゼリー胸加工」を選択することで、本物の女性の胸に近いリアルな揉み応えを再現できます

内部に柔らかい「ジェル状素材」を注入した2層構造。

乳首部分も固めの素材が使用されており、コリコリした乳首の感触が楽しめます。

  • 外層部分:張りのある弾力性素材(TPE・シリコン)
  • 内層部分:柔らかいジェル状素材

ゼリー胸」にすることで、おっぱいを揉んだ際に指がズブズブと乳肉に埋もれていく、そんなリアルな乳揉みの感触を得ることができます!

指関節オプション

指関節オプション
ワイヤー関節骨格関節
可動性
耐久性
保持力
重量

指関節オプションは「従来のワイヤー関節」と「新技術の骨格関節」の2種類から選択できます。

「骨格関節」を搭載することでリアルな動作や自然なポージングが可能になり、ドールの表現力がアップ。

観賞用や撮影用にラブドールを購入する人は、オプションで「新技術の骨格関節」を選択しましょう。

音声システム

一部のメーカーでは、オプションで「音声機能」を追加することができます。

ドール本体にセンサーが内蔵されており、そのセンサーが動きを感知することで、ドールが声を上げてくれます。

この「音声機能」に関しては、まだまだ実用的なレベルではありません。しかし、最新モデルでは流暢な日本語で喘いでくれたり、触る箇所によって反応が変化したり、少しずつですが改善が見られます。

今のところ実用的ではない機能ですが、プレイ中の臨場感が欲しい人は試してみるのもありです。

最近はAIや音声合成ソフトで簡単に音声を作れるので、自分でセリフを作ってアプリに音声をインストールすれば、お気に入りのドールに「あんなことやこんなこと」を喋らせることができちゃいます。

この「音声機能」を上手くカスタマイズすれば、最高の体験ができるかもしれません。

カスタマイズオーダーメイド

Aotume Doll カスタマイズ専用ページ

一部のメーカーでは「カスタマイズオーダーメイド」に対応しています。

「カスタマイズオーダーメイド」とは、顧客が自分の好みやニーズに合わせて製品をカスタマイズし、自分だけのオリジナルラブドールを作ることができるサービスのことです。

実在する人物をモデルにしたラブドールを製作することも可能。

希望するモデルの参考写真をメーカー側に提供することで、その写真を基に顧客の要望に合ったドールの顔を作成してくれます。

アニメのキャラクターや女優さんをモデルにしたラブドールを作りたい方は、カスタマイズオーダーメイドもぜひ検討してみてください。

関連記事

梱包状態・配送方法の確認

Art Doll 梱包

ラブドールは、強化ダンボール箱の中に緩衝材を入れて梱包するのが一般的です。

無地のダンボールを使用し、中身が見えない状態で配送されます。個人名で発送され、会社名は記載されません。また、商品名を「日用品」や「家具」などに変更できます。

配達員は頼まれた人の所に宅配便を届けるのが仕事なので、配達する荷物の中身を知ることはありません。ドールの購入を知るのは、利用した通販サイトのスタッフ、ドール製造メーカーのスタッフのみです。

信頼できるラブドール通販サイトを選び、プライバシーに配慮した梱包や配送方法が取られているか確認しましょう。

ドール受け取り時に確認すること

  • 梱包状態の確認
  • ドールの状態を確認
  • カスタマイズ内容に問題ないか確認
  • 正規品証明書が付属しているか確認
  • その他、付属品の確認

製品を受け取ったら、開封して注文内容と一致しているかを確認します。

もし商品に初期不良があった場合、異なる商品が届いた場合に限り、「返金・返品・交換」に対応してくれます。利用した通販サイトの「お問い合わせ」からスタッフに連絡を取りましょう。

配達 トラックの画像

家族や友人にバレずにラブドールを受け取りたい方は、運送会社の「営業所止置きサービス」を利用しましょう。

購入したラブドールの送り先を運送会社の営業所に指定し、商品を営業所に止め置いておくことで、製品到着後に都合のいいタイミングで自分で引き取りに行くことができます。

最寄りの営業所に届けてもらい、家族や同居人が不在の時間帯に荷物を配送してもらう、あるいは自分で引き取るのが最も安全な方法です。

ラブドールはサイズが大きいため、コンビニ宅配や受け取りロッカー、宅配ボックスの利用はできません。宅急便で取り扱える荷物の大きさや重さは事前にチェックしましょう。

また、配送日時を指定することで確実に自分で受け取ることができ、プライバシーを守ることができます。

関連記事

用意しておくべきメンテナンスグッズ

ボトルベビーパウダー

ラブドールは定期的なメンテナンスが必要です。

メンテナンスを怠ると、肌表面がベタついてゴミが付着したり、肌が裂けたりなど、故障の原因になります。

揃えておくべき必須アイテムは以下の通り。

必須アイテム

  • ベビーパウダー
  • ローション
  • ホール洗浄器具
  • ヘアブラシ&ヘアケア用品
  • バスタオル・ペーパータオル

ラブドールをお迎えする前に「ベビーパウダー」は必ず用意しておきましょう。

ベビーパウダー」には油分を吸着する性質があり、ラブドールの表面に塗布することで油を吸着し、オイルブリードを抑えることができます。また、ドール特有の匂いを抑え、ほこりやゴミの付着を防ぐ効果もあります。

愛用のラブドールを長く美しく保つためにも、お手入れは欠かさずに。

あると便利なアイテム

  • 収納ケース
  • ドール専用サポートスタンド&吊り下げ器具
  • 脱色クリーム、着色除去剤
  • ドール専用接着剤&修復キット
  • 乾燥剤
  • スティック状のブラシ&スポンジ
  • オナホール専用洗剤
  • オナホウォーマー
  • 防水ベットシート
  • 化粧品
ラブドール専用ケース
引用元:https://mailovedoll.jp/

ラブドール専用の保管ケースがあると便利です。

ラブドールをケースに収納することでプライバシーを確保し、他人からの目を避けることができます。また、ほこりや汚れからラブドールを守り、清潔な状態を長く保つのにも役立ちます。

保管ケースのメリット
  • ラブドールを隠すことができる
  • ホコリや汚れ、直射日光からドールを保護し、劣化を防ぐ
  • キャスター付きのケースであれば、移動が容易になる
  • アクセサリーや衣装も一緒に収納できる
  • 施錠できるタイプなら、中身がバレる心配がない

保管ケースはラブドール通販サイトで購入できます。

少し値段は高いですが、収納ケースはプライバシー保護、ドールの保護、移動の利便性、スペース確保など、多くのメリットがあり、おすすめのアイテムです。

関連記事

ラブドール購入時によくある質問

始めてラブドールを購入する方が疑問に思う点を以下にまとめてみました。

通販サイトやメーカーによって異なりますが、注文決済後から15日~30日程度で届きます。

TPE製ドールの製造期間は、約3~5日間程度。

フルシリコン製ドールの製造期間は、約7~30日程度。

シリコン製ドールはTPE製ドールよりも製造期間が長くなり、ヘッドやボディに「リアルメイク」を施す場合は、約60日間ほど掛かる場合もあります。

在庫品で即出荷可能な製品の場合、発送後3日~7日ほどで届くのが一般的です。

強化ダンボール、内側には発泡スチロールを入れて、二重に梱包するのが一般的です。

ほとんどの通販サイトが購入者のプライバシーを守るために、無地のダンボールで中身が見えないようにして配送してくれます。個人名で発送され、会社名は記載されません。また、商品名を変更することができます。

第三者に中身を知られることは無いので、安心して購入できます。

信頼できる販売代理店であれば「送料無料~5,000円」の範囲です。

「DACHIWIFE」で購入する場合は送料5,000円になります。

その他の別途料金が発生することは基本的にありません。

詳しくは各通販サイトの「ヘルプと情報」の「ご配送と送料について」をチャックしてください。

商品に初期不良があった場合、異なる商品が届いた場合に限り、返金・返品・交換に対応してくれます。

その場合は、商品の到着日から4日~7日以内に購入した通販サイトに連絡する必要があります。

未使用品しか返金・返品・交換に応じてくれないため、不備があった場合はその状態をスマホで撮影し、メールに添付。その後はなるべく触らないようにしましょう。

詳しくは各通販サイトの「ヘルプと情報」の「返金・返品・交換について」をチャックしてください。

プレイ目的でドールを購入する場合、重量が35kg~40kgを超えない範囲で選ぶことをおすすめします。

初めて購入される方は、なるべく背が低くて軽いドールを選びましょう。

両足が取り外せるタイプのラブドール、またはトルソー型ドールも選択肢に入ります。

プレイ可能な体位は以下の通り。

  • 正常位
  • 後背位(バック)
  • 座位

ドールの可動域や重量によって、特定の体位が制限されることがあります。

例えば、重いドールではバランスが保てず、立ちバックや騎乗位が難しい場合があります。無理に立たせると、ドールが倒れる可能性があるため、慎重に動かしましょう。

「口開閉機能」が搭載されているドールであれば、オーラルセックス(フェラチオ)も可能です。

等身大ドールの場合、市販の衣装やアクセサリーを着せることができます。

身長150cm以上、肩幅が約30cm以上のドールが目安。このサイズ感であれば、市販の洋服も綺麗に着せることができます。

低身長ドールの場合、衣装のサイズが合わない場合があるので注意。

初心者向けラブドール購入方法:まとめ

ラブドールの購入は、初めての方にとっては多くの不安があると思います。

しかし、以下のポイントを押さえれば、安心して購入することができます。

  1. 信頼できるラブドール通販サイト・販売代理店を探す
  2. 購入したいラブドールの種類を決める
  3. 素材やサイズ、オプション内容をしっかりと確認し、自分に最適なドールを選ぶ
  4. 購入後の受け取り手順を確認しておく
  5. メンテナンス方法を確認しておく

初心者の方でも、この記事の各項目をチェックすることで、購入時の失敗リスクを大幅に減らすことができるでしょう。

自分の性癖に従うまま、理想のラブドールを探してみてください。